LPガスについて あったかさわやかクラブダウンロード 協会について お問い合わせ カレンダー当選番号 検定・講習会 テキスト購入

LPガス安心メモ

LPガスの基礎知識

正しく使って安全、安心、経済的。
快適なガスライフのために、LPガスについて知っていただきたいことをまとめました。
ぜひ、ご家族みなさんでご覧ください。

空気より重い
LPガスは空気よりも重く、もれると低いところや物陰に溜まる性質があります。
もしガスがもれたら、掃き出し窓を開けるなど、特に下の方の風通しを良くしてガスを屋外に追い出しましょう。
ニオイをつけてある
LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたときに分かるようにタマネギが腐ったようなにおいを付けてあります。このにおいの成分はガスが燃焼すると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限りは臭うことはありません。
燃焼にはたくさんの空気が必要
LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気(酸素)が必要です。
室内でガスを使用するときは、十分に換気をしてください。
液化した状態で容器(ボンベ)に入っている
LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。
クリーンなガス
LPガスは、石油・石炭と比較して環境負荷が相対的に小さく、天然ガスとともにクリーンなエネルギーであると位置づけられています。
持ち運びに便利で災害に強い

LPガスは容器に入っているので、どこでも使えます。東日本大震災でも活躍し、避難されている方への炊き出しやお風呂、シャワーの熱源として、大変喜ばれました。
産業用エネルギーとしても活躍
タクシーやフォークリフトの燃料として多く使われています。また、陶磁器の焼成や金属類の加熱・溶融、食品のくん製・乾燥など、産業用のエネルギーとして幅広く使われています。